水になるブログ

米国株を中心とした投資、料理、ゴルフの話題をお伝えします。

米国株 第四四半期、2021年通期決算報告 AT&T

昨日AT&Tの決算報告がありました。FOMC会議と重なり、市場はダウ平均工業指数が△0.38%、S&P500が△0.15%と小幅の下げとなりましたが、AT%Tの株価は△8.4%も下落しました。同社の株価は2021年の5月から下がり続けた後、12月16日にようやく反転し、バリュー株シ…

米国株 第四四半期、2021年通期決算報告 J&J

昨年8月$179から11月30日の$155まで下落したあと上昇に転じているジョンソン&ジョンソンです。バリュー株シフトの背景もあって1月に入ってからの値動きは激しくはないものの、下降していました。 昨日の決算報告で、株価は+2.9%、$167.63に上昇しました。四…

2025年 中国高速鉄道5万km計画 (2) 中国あるある

中国の高鉄がその走行スピードや大都市間を結ぶ路線のわりに利便性が悪いと感じ、移動の選択肢としてあまり気が進まなし理由を列挙しますと、 チケットの予約がめんどう(当時はネット予約がないため) 帰りの予約がうまく取れない時がある(こうなると、白…

米国株・中国株 先週の動き 2022年1月17日~1月21日 含み損に陥落

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2022年1月17日~1月21日 概況: 米国10年国債利回りは1.75で安定 米国株式三指数はダウ工業平均が△4.6%、S&P500△5.7%、ナスダック総合指数はともに△7.6% 香港ハンセン指数は引き続き上昇、+…

2025年 中国高速鉄道5万km計画 (1) 鄧小平の近代化

1978年、今日に至る中国の経済発展を導いた鄧小平は日本を訪れ自国の「近代化」目標のための学習の旅を挙行しました。宝山鋼鉄として中国を代表する製鉄所の創業を支援した新日鉄の君津製鉄所視察や松下電器で初めてみる電子レンジなどとともに印象深いエピ…

香港 違法集会スキャンダル(4) 巨大ブーメラン

まさに巨大ブーメラン。政府高官や立法議員も参加した”感染パーティ”が行われたつい数日前、キャリー林行政長官は香港の入境手続きを適切に行わず、市中に感染を持ち込んだとされるキャセイ航空を痛烈に非難していました。「従業員の一挙手一投足についてい…

米国株・中国株 先週の動き 2022年1月10日~1月14日 警戒感続く

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2022年1月10日~1月14日 概況: 米国10年国債利回りは1.8付近で安定 米国株式三指数はダウ工業平均が△0.9%、S&P500、ナスダック総合指数はともに△0.3% 米CPI、PPIはそれぞれほぼ予想どおり…

香港 違法集会スキャンダル(3) 魔が差した野心家

見るからに派手好き、野心家、というイメージです。 flamboyant(つまり派手好きな)で、政治、ビジネスにコネクションを持ち、議員になるという野心があった、と解説されています。違法性を疑われている1月3日の誕生日パーティの主役である、Witman Hung氏…

香港 違法集会スキャンダル(2) 反腐敗の腐敗

腐敗、役人の汚職は中国本土では文化と言ってもよいほどの風習、習慣です。秦の始皇帝がこの広大な大陸を統一したときも、地方の行政官に給料はなく、管轄の行政区から税金を回収し、中央へ納める分のほかに自分の取り分を徴収する、という方式ですから背景…

香港 違法集会スキャンダル(1) 行政長官の頭痛

終わりよければすべてよし、と言いますが、この人も頭が痛いでしょうね。任期満了間近、親分のところへも挨拶に行った、実際どう評価されているかはともかく、貢献を称える言葉をもらった、オミクロン感染がじわりと増えてきた、春節、五輪を控えてセンシテ…

米国株・中国株 先週の動き 2022年1月3 日~1月7日 長期国債利回り急上昇

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2022年1月3日~1月7日 概況: 米国株式市場は三指標が下落、ダウ工業平均が△0.3%、S&P500△1.9%、ナスダック総合指数はなんと△4.5%の下落 米国10年国債利回りは先週から+17%、1.77まで上昇 …

米国株 今が買い時 底を打ったAT&T

昨年の7月にAT&Tの株を購入しました。利回り8%の高配当と、通信事業の安定性を魅力と感じたからです。AT&Tのような株は典型的なwidow-and-orphan stockというそうです。未亡人と、孤児、なぜそういう命名かわからないのですが、定期的に配当し、利回りが長期…

中国リスク 食の安全保障

14億人の胃袋を満たすことは政権を安定的に維持していくための至上命題です。不動産の資産価値下落がすすみ、さらに食糧事情に深刻な影響が出始めると、さすがに暴動が起きるのではないかと思います。小さい暴動はいつも起きてはいますが。 中国といえば、14…

米国株・中国株 2021年のふりかえり

2021年の投資運用成績を振り返って2022年の展望を考察します。 総括; 2021年は2100万ドルを投入し、5.8%の含み益となりました。 2021年の5月から投資を開始し、逐次、購入銘柄を増やしているためそれぞれに開始した時間がまちまちです。たとえば、VTIやQLD…

中国経済のロングテール

パレートの法則を古典にしてしまったロングテールの法則はITが生み出した革新です。 中国経済のスローダウンが明らかになっていますが、経済主体のロングテールである小企業は全体で国家の税収の半分を担い、GDPの60%を占め、都市の雇用のうち80%に貢献して…

香港で三番目の富豪の資産管理

香港の株式相場は今年は最悪でしたね。12月30日12:00のハンセン指数は年初から15%の下落です。本題とはまったく関係がありませんが私も10%、香港上場銘柄に入れています。そんな現在の投資環境、資産管理に対する影響を垣間見る香港の資産家のお話です。 www…

米国株・中国株 先週の動き 2021年12月20 日~12月24日  クリスマス・ラリー

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2021年12月20日~12月24日 概況: 米国株式市場は三指標ともに12月20日を底に金曜日まで4日連続の上昇 特にナスダック総合指数が強く、+3.2%の上昇 米個人消費支出(Personal Consumption E…

香港大手不動産デベロッパーの憂鬱(5) 量的充足

2019年に香港で起こった、かつてないほどのスケールのデモ活動の背景には住宅問題に対する不満があったと聞きます。そこで香港や北京の政府当局は問題の矛先を不動産デベロッパーに向けている、というわけです。 今年3月には韓正副首相(今話題になっている…

香港大手不動産デベロッパーの憂鬱(4) モノポリー

昔、モノポリーというボードゲームに凝ったことがありました。首尾よく土地、建物、公共事業などに投資を積み重ねて最終的に他のプレーヤーを破産させると勝つというゲームで、資本の論理を体感することができます。パークプレースやボードウォークの一等地…

香港大手不動産デベロッパーの憂鬱(3) 新界、北部計画

香港といえば香港島と九龍半島がよく知られていますが、新界(New Territories)の存在については私自身はよく知りませんでした。新界は英国が清から香港島と九龍半島を割譲したあと「租借」した地域で、本土の深センと接する九龍半島の北半分と233の島から…

米国株・中国株 先週の動き 2021年12月13日~12月17日 乱高下する一週間

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2021年12月13日~12月17日 概況: 米国株式市場は三指標ともに下落、週半ば水曜日に大きく上昇したあと木曜日、金曜日にかかけてそれ以上に下落 ダウ、S&P500が△2%近く、ナスダック総合指数…

香港大手不動産デベロッパーの憂鬱(2) 棺桶住宅

不動産、といえば中国本土では不動産デベロッパーの過剰債務、投機的売買抑制の話題が日を追うごとに増えてきている印象です。政府の掲げる「共同富裕」のスローガンと折り重なって、地方政府とともに巨額の収入を得てきた不動産業に大ナタがふるわれている…

香港大手不動産デベロッパーの憂鬱(1) 四大不動産デベロッパー

「アメリカの家に住み、中国人のコックを雇い、日本人の奥さんをもらう」という例えがありましたが、昭和の時代、日本の住宅事情は「ウサギ小屋」というありがたい評価を受けていました。今にして思うと今の中国のように目覚ましい経済発展を遂げる中で貿易…

米国株 Xometry 社外取締役が自社株購入

FOMCが13日、14日に行われ、債券購入縮小、利上げを実行するタイミングが前倒しされるという観測が織り込まれつつ既存のワクチンがオミクロンに対して実はあまり効かないというどたばたの中、米国株三指標は二日連続で下げました。 Tax Loss Selling(含み損…

米国株・中国株 先週の動き 2021年12月6日~12月10日 揺り戻し

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2021年12月6日~12月10日 概況: オミクロン株の脅威に対する懸念が和らぎ、株式相場が揺り戻す動き 長期金利が再び+10.9%上昇、米国株式相場はダウ、S&P500、ナスダック総合指数が+3.6%か…

米国株 ものづくりのマーケットプレイス Xometry

「そうは問屋がおろさない」は、かつては問屋という存在がいかに強かったかをあらわしています。問屋さんの機嫌を損ねると小売りは商売に支障が出る、という時代があったのでしょう。やがて、現代になると「中抜き」という言い方があるように、社会的インフ…

中国 国家の安全と身の危険

中国のデータセキュリティ法は6月10日の全人代で可決・成立し、9月1日から施行されることになりました。しかし北京政府がデータセキュリティ法を侵害している疑いがあるとして滴滴に対する調査を発表したのは同社がNYに上場した直後、7月2日でした。 www.wsj…

中国経済のリアル 収入は減るが家賃は上がる

中国経済がいよいよ鈍化してきた、という情報はここのところの月次統計で如実に現れてきています。中央政府は「共同富裕」を掲げて大手企業からの搾取による富の分配をすでに実行していますが、それこそ「やっている感」を出している以上の効果があるのかは…

中国株 秒読みに入った恒大集団

いよいよ秒読み段階に入ったようです。 先週金曜日(12月3日)、恒大集団本社が所在する広東省は同社の抱えるリスクマネジメントのためのチームを同社に派遣したとのことです。恒大社は12月6日は同社の取締役会リスク管理委員会を設置したと発表しました。そ…

米国株・中国株 先週の動き 2021年11月29日ー12月3日 今週も続落

先週一週間の指数と保有資産の値動き、損益率を報告します。 期間:2021年11月29日~12月3日 概況: 株が売られ、債券が買われる状況で長期金利が1.34までさらに低下、ナスダック総合指数が先週の△3.5%下落に続き今週も△2.6%下落 長期金利△9.4%大幅に低下、…