水になるブログ

米国株を中心とした投資、料理、ゴルフの話題をお伝えします。

米国株・中国株 先週の動き 2022年11月21日〜11月25日

11月1日、2日のFOMCの議事要旨が公開され利上げベースの減速示唆が確認されました。一方で米経済が景気後退に陥る可能性が50%に高まったとあります。ということで年末に向けてはいったん上昇し、来年に入ると企業業績の低迷による株価の下落(逆業績相場)、…

痛風治療の経過

今年の2月に痛風を発症して以来、CentralにあるLisa Cham clinicに通っています。発症した時は一ヶ月以上靴を履けない状態が続いてとても不便だったのですが、その後沈静化し、尿酸値を抑えるためのFeuricという薬を処方してもらい、服用を続けています。 食…

香港のそごう百貨店

百貨店という業態は日本でもかつてのような存在感や意義が失われていると思いますが、ここ香港でもかつて日本の百貨店が軒並み進出、出店していた時代がありました。香港島の繁華街である銅鑼湾に大丸、そごう、松坂屋、三越、西武が、九龍の尖沙咀には伊勢…

米国株・中国株 先週の動き 2022年11月14日〜11月18日

FRBの要人発言が週前半には利上げペース減速に触れるハト派的な内容から後半は5.25%の金利水準に言及するなどタカ派的に移行し、株式市場の期待感が徐々に削がれた形となりました。先週来の楽観ムードを調整していますね。 生産者物価指数は先週の消費者物価…

外食チェーンと生産ライン

とにかく物価が高い香港の食生活で、外食の店選び(日本食)はシビアになります。私は料理そのもの以外では比較的こじんまりとして、落ち着ける内装、愛想よく接してくれるサービスを求めるのですが、ランチで300HK$(アルコール飲料込み、今なら日本円で約5…

香港ドルのリスク

香港ドルで給料を得ることでいい点は為替を気にせずに余剰資金を米国株に投資できることです。香港は米ドルペッグ制をとっており、1米ドルに対して7.75HKDから7.85HKDの範囲が定められています。それに、今日本に帰って香港ドルを両替して買い物をすれば、お…

米国IPO三銘柄決算報告 DOCS、XMTR、LAW

保有している米国IPO(2021年)銘柄のドクシミティ(DOCS)、ゾミトリ(XMT R)、CSディスコ(LAW)が決算報告しました。結果、三社ともに増収、EPSが予想をbeatしました。決算発表当日の終値でDOCSは+33%、LAWは+19%上昇し、XMTRは反対に▼14%暴落しました。…

Amazon Musicのアップセルと大阪のおばちゃん

気がつくとAmazon Music Primeにシャッフルなる機能が付加されており、頼んでもいないのに勝手に再生曲がシャッフルされて自分が聴きたい曲が指定できないようになりました。悪質なことに、シャッフルは特定のアルバムやプレイリストを飛び越えて選曲され、…

中国の輸出がマイナスに

アイリスオーヤマが一部の商品について生産を中国から日本へ移管するという記事を読んだ時、時の流れを感じずにはいられませんでした。国内生産に切り替える要因の一つに中国の人件費高騰が上げられていました。私が勤める会社は2000年から中国での生産を開…

米国株・中国株 先週の動き 2022年10月31日〜11月4日

金曜日に発表された雇用統計がようやく労働需要のスローダウンを示して市場が反発しましたが、その前のFOMCでターミナルレート(利上げ政策の着地点)引き上げが提起さたため一週間の動きとしては反落となりました。 年末に向けては短期的な上昇機運に乗って…

香港の財務長官

香港金融管理局が主催するグローバル金融サミットが11月1日から開催されました。Covid-19の影響を受けて以来、香港で行われる初の国際イベントであり、世界各国から200名以上を招いてのサミットです。香港政府としては、中国大陸ほどではないにせよ、他国と…

米国株・中国株 2022年10月の運用成績

10月はGood news is bad newsとその逆が交互に現れるようなねじれた感覚を持った人が多かったのではないでしょうか。雇用が予想を上回り、物価指数は若干予想を上回るも前月比では改善の傾向、しかし景況感は徐々に悪化、企業業績は予想したほど悪くない、と…

米国株・中国株 先週の動き 2022年10月24日〜10月28日

GAFAMの決算発表に対して株価に大きな動きがありました。一週間でみると、METAが▼23%、AMAZONが▼13%の暴落、Google、Microsoftもマイナスとなりました。Appleが唯一+5.8%でビジネスモデルの強さが印象付けられました。主要三指数揃っての上昇は二週連続、ダ…

上海の友人

上海に行きたいとずっと思っているのですが、行けません。上海では通算7年仕事をしたので、今でも会いたい友人は何人かいます。中には、友人と言うよりも、上海の会社で採用をした当時二十代だった彼らもいます。その後どうなっているでしょうか。 私が2007…

新チャイナセブンと香港のリタ・ヘイワ―ス

香港特別行政府立法会初代主席で親北京派の重鎮であるRita Fan Hsu Lai-tai(范徐麗泰)が今回の新チャイナセブン選出に際してコメントを発しています。香港にとって今後ますます緊張を増してくる地政学的環境下における指導と国家の発展との統合を深めてい…

米国株・中国株 先週の動き 2022年10月17日〜10月21日

12月の利上げに対して0.5%という利上げ減速の織り込みが強まり、米株価三指数が揃って大幅な上昇を示しました。今週はコカ・コーラ、VISA、Meta、マクドナルド、アマゾンなどアメリカを代表するような企業の決算が続き、11月2日のFMOCに向けて短期の上昇が続…

マツキヨの香港旗艦店がオープン!

私が香港に来てから、2020年以降ですが、いくつかの日本のフードサービス、小売店が香港に進出しいています。スシロー、牛角、ドン・キホーテ、マツモトキヨシ、などなど。そのマツモトキヨシが10月21日金曜日、香港の四店舗目となる銅鑼湾旗艦店をオープン…

香港に来る中国旅行者 経済的利害と悪感情

訪日外国人旅行者数は当初2020年に予定されていた東京五輪に向けて2019年についに2000万人に達しました。奇しくも東京五輪の年、さあいよいよ今年、というときに武漢発の感染症が世界中に拡大した、まさにその直前でした。10月11日から入国制限が大幅に緩和…

米国株 2022年第三四半期決算 ジョンソン&ジョンソン

ジョンソン&ジョンソンの第三四半期決算が発表されました。同社の株価は一年間で+3.68%、年初来では▼2.96%と利上げに伴う株式相場下落の局面において圧倒的な安定感を保っています。保有するポートフォリオにおいて非常に頼もしい存在です。 EPSは予想をbea…

米国株・中国株 先週の動き 2022年10月10日〜10月14日

米10年国債利回りがついに4%を超えました。9月28日に2010年4月以来の4%台に突入し、その後反落しましたが、先週再度4%の終値をつけて週を終わりました。株式相場は木曜日に大きく反発した後、金曜日にはまた下落しましたが、前週比ではダウ工業平均が上昇、S…

日本旅行は今がチャンス!

10月11日から外国人に対する日本への入国制限が大きく緩和されました。 個人旅行の制限解除、査証免除措置の適用再開、入国時検査及び入国後のフォローアップ等の不要、入国者総数上限の撤廃、などです。 私のいる香港もそうですが、台湾や韓国からも久しぶ…

弱目に祟り目の行政長官

香港のGDP成長率は今年第一四半期、第二四半期にそれぞれマイナスを記録しています。世界経済が低迷する中で香港特有の要因はやはり感染症対策による影響です。9月26日からはようやく入境時の隔離が撤廃されましたが、三日間の観察期間は少なくともレストラ…

米国株・中国株 2022年9月の運用成績

FRBは政策金利を三回連続で75bp引き上げ、物価関連指数はCPI、PCEコアデフレータがともに若干ではあるものの予想を上回り、市場はFRBの断固としたインフレーション対策の表明を受けて今年6月を割り込んで最安値となりました。 保有資産でみても今年は月別で3…

三期目続投の習近平に対する先進国の世論

世界は米ソに代表される東西冷戦の時代に戻っているようにみえます。米中の安全保障に関する利害の対立が他の国家の利害と態度に影響を及ぼし、国際的な企業間取引と企業活動に変化をもたらします。このような状況下で習近平総書記は前例を覆して三期目の中…

米国株・中国株 先週の動き 2022年9月26日〜9月30日

注目のPCEコアデフレータ―が発表され、わずかに予想を上回る結果となりました。米国株主要指標は三週連続の下落、香港ハンセン指数は五週連続(!)の下落となりました。ついに保有資産の全セグメントで含み損となり、個別でもグローバルREITを除く全銘柄が…

バンコクの戦友

先週はマニラ行きのエアチケットを予約しましたが、今週はバンコクの友人と連絡をとって来年1月の予定を決めました。バンコクは同じ会社で働く友人たちですが、同じ時に中国で駐在員をしていた仲間と私が上海に派遣された同じ時に台湾に派遣された友人がいま…

生きていた習近平

「雲隠れ」「軟禁」「クーデター」などの憶測がSNSやYoutubeを賑わせていましたが、冷静な論客、ジャーナリストが指摘していた通り、習近平総書記はカザフスタン、ウズベキスタンの外遊後、初めて公に姿を現しました。おどろおどろしい内紛、政治闘争の果て…

米国株・中国株 先週の動き 2022年9月19日〜9月23日

9月FRB政策金利は大方の予想通り+75bpでしたが、個人的な予想に反して市場は大きく下落しました。2023年、あるいは2024年にかけて政策金利の上昇がさらに長期化する見込みを織り込むためには今週も下落が続きそうな気配です。 期間:2022年9月19日〜9月23日 …

マニラの友人

9月23日金曜日、香港政府は入境者に対する隔離撤廃を発表しました。隔離がなくなったら旅行したい行き先がいくつかありました。バンコクとマニラはそのうちの二つの候補です。他に台湾や深圳、上海などもありますが、バンコクとマニラの場合は会いに行きたい…

香港入境隔離撤廃秒読み

香港は2020年の国家安全法制定によって中国の一都市に成り果てたとされ、これまで築いてきた国際都市としての地位を徐々に失っていくとの見識が喧伝されています。実際、金融センターとしての機能低下、人材の流出など深刻な危機に直面しているのは事実です…