水になるブログ

米国株を中心とした投資、料理、ゴルフの話題をお伝えします。

米国株・中国株 先週の動き 2022年11月21日〜11月25日

 11月1日、2日のFOMCの議事要旨が公開され利上げベースの減速示唆が確認されました。一方で米経済が景気後退に陥る可能性が50%に高まったとあります。ということで年末に向けてはいったん上昇し、来年に入ると企業業績の低迷による株価の下落(逆業績相場)、という見方は変わりません。

 VTIは毎月定額で購入していきますが、SOXL、QLDをそろそろ買いに行くか、思案中です。また香港ハンセン指数がRSIで30を下回り、55年ぶりの底打ちシグナルが出たということで、保有しているFirst Pacific (0142)に追加投資をするべきか、ここも悩みどころです。

 

期間:2022年11月21日〜11月25日

概況:

  • 10年国債利回りは再び3.69まで下落
  • 米株価三指数は+0.7%から+1.8%の反発
  • 香港ハンセン指数は▼2.3%の反落
  • ミシガン大学消費者信頼感指数 56.8(予想54.7、前回54.7)

f:id:junyan_1989:20221128081721j:image

保有資産実績:

  • 合計保有量は増減なし
  • 評価損益は+1.3%の増加、累計損益率は▼14.4%
  • 米国IPO銘柄を除いた全セグメントで増加、香港株が最大で+2.3%
  • 個別では米国IPOの三銘柄を除いた銘柄は小幅のプラス、最大はTMFで+3.0%

 

含み損益週間差異

  • コア投資A:グローバルREIT+1.6%、米国株投信+1.8%
  • コア投資B:VTI+1.4%、J&J+0.6%、AT&T+0.5%
  • レバレッジETF:SOXL+1.3%、QLD+0.9%、TMF+3.0%
  • IPO銘柄:ドクシミティ(DOCS)▼0.1%、ゾミトリ(XMTR)▼0.2%、CSディスコ(LAW)▼0.4%
  • 香港株:0142FP+2.3%

今週の動き:

11月30日(水)ADP雇用者数(前月比)(予想197千人、前回239千人)、実質GDP(前期比年率、改定)(予想4.1%、前回4.1%)

12月1日(木)PCEコアデフレータ(前年比)(予想5.0%、前回5.1%)、PCEデフレータ(前年比)(予想6.0%、前回6.2%)

12月2日(金)ISM製造業景気指数(予想49.7、前回50.2)、失業率(予想3.7%、前回3.7%)、非農業部門雇用者数(NFP、前月比)(予想202千人、前回261千人)

 

Be water, my friend.

痛風治療の経過

 今年の2月に痛風を発症して以来、CentralにあるLisa Cham clinicに通っています。発症した時は一ヶ月以上靴を履けない状態が続いてとても不便だったのですが、その後沈静化し、尿酸値を抑えるためのFeuricという薬を処方してもらい、服用を続けています。

 食生活は以前と変わらず、朝は納豆、豆腐かパン、野菜、卵、ベーコンやハム、昼はご飯かパスタなどの麺を少しのおかずとふりかけ、あるいは市販のパスタソースと、夜は主食は摂らずキャベツ、豆腐などをビールのあてにする程度。アルコールはビールと焼酎サワーをそれぞれ350mlか500ml。土日は朝ビールを一缶空けて昼外食し、ここでは魚や肉と一緒に生ビール、酒(一合か二合)を摂ります。しかし夜は平日と同じく主食は摂りません。

 運動は、毎朝足漕ぎステッパーを25分、腹筋ローラーを少々、土日はステッパーを45分漕ぎます。

 今週、三ヶ月に一度のDr. Lisaの診察を受けました。尿酸値は3.7で正常、これはよかったです。しかし脂肪値が倍に増加、正常範囲を超えてしまいました。なぜだ?肝臓に負担がかかっているからでしょうか。また、痛風とは関係がありませんが体重と体脂肪率が減らないのも気になっています。香港に来る時は59kg、15%を下回っていたのが今は62kg、18%でここから下がりません。もっと運動量を増やすか、これもアルコールを減らさなければならないでしょうか。いやですねえ。もう少しこのまま続けてみましょう。

Be water, my friend.

香港のそごう百貨店

 百貨店という業態は日本でもかつてのような存在感や意義が失われていると思いますが、ここ香港でもかつて日本の百貨店が軒並み進出、出店していた時代がありました。香港島の繁華街である銅鑼湾に大丸、そごう、松坂屋、三越、西武が、九龍の尖沙咀には伊勢丹、そごう、三越、東急、といった具合です。1990年代にそのほとんどが撤退し、今残っているのはそごうです。そごうは銅鑼湾と尖沙咀に計二店舗、旧空港跡地の啓徳に三店舗目の計画がありました。(この三店舗目は計画が実行されているか、不明です)

f:id:junyan_1989:20221123090807j:image
 そごうと言えば、2000年にそごう本体が経営破綻していますが、その後、香港の利福國際グループ (Lifestyle International Holdings)に売却されて今に至っています。1983年に株式会社そごうの100%出資現地法人として設立され、1997年の香港返還後の不動産価格高騰で他の日系百貨店が家賃負担に耐えきれず撤退する中、同百貨店は生き残りました。そごうは他社と異なり、自社ビルで運営していたのだそうです。
 イオンがデベロッパー事業を展開するように、百貨店という業態も本質的には不動産デベロッパーの要素が多分にあると思いますが、中でもそごうはデベロッパー的な性格を前面に打ち出した百貨店でした。香港での出店当時の事例をみてもその性格が現れているのではないでしょうか。
 利福國際グループ (Lifestyle International Holdings)はThomas Lau(劉銮鴻)という人物が董事総経理として経営しており、上海でも久光百貨の名前でそごうと同じように百貨店を経営しています。地下鉄2号線静安寺駅にあり、私が上海に赴任した2007年当時としては日本の食料品が豊富に揃えてあり、重宝したものでした。
 今回、Thomas Lau氏は利福國際の香港市場からの上場廃止を決めて、すでに議決権の94%の支持を得て12月にも実行されるということです。利福國際は2004年に香港証券市場に上場していますが2019年に売上が減少、2021年には若干回復したものの、2018年の53%程度、という落ち込みです。銅鑼湾のそごうと言えば、土日には人があふれかえるほどの盛況で、今でも人の入りは決して悪くないように見えますが、本土からの旅行客激減の影響が大きいようです。

sc.mp

 今後も利福國際の経営方針や経営実態には大きな変更はないとのことです。経済的に中国と一体化された香港はますます混迷を深める中国の政治・行政、外交の影響を受けての景気や株式市場に対するリスクからいったん守りに入る、という判断なのでしょうか。そごうはたまに食料品を買う程度の利用ですが、仕事の面では改装工事を受注した実績もあり、今後もがんばってほしいと思います。
Be water, my friend.