水になるブログ

米国株を中心とした投資、料理、ゴルフの話題をお伝えします。

香港の入境隔離3+4に短縮へ

 4月に入境後の隔離が一週間に短縮され、この度指定ホテル隔離3日と4日間の観察期間を経て行動制限が解除される3+4がアナウンスされました。8月12日から実施。

 李家超行政長官によるとこの3+4が現在、科学的根拠に基づいて経済社会活動維持と安全確保を両立させるための最良のバランスポイントだ、とのことです。施策に対する説明は透明性、納得性があり、実行も速いと思います。日本と比べて。

 SCMPのコメント欄を見ると、否定的な意見が多いです。これまで多くの内外の人材が香港を去り、今後、かつてのような旅行者の来訪も望めない、という悲観的な見方がマジョリティのようです。このような意見は必ずしも現政権の政策に対する批判ということではないと思いますが。

 個人的には隔離ゼロへの道筋が気になっています。3+4でも今の7+10と比べれば日本や近隣国への旅行に対するハードルは下がりますが、週末+有休1日または2日で気軽に旅行したいものです。

sc.mp

3+4のポイント

  • 旅行者は入境後、指定ホテルで3日間隔離後帰宅、4日間の観察期間を設ける
  • 4日間の観察期間中は*Leave Home Safeアプリが黄色表示となり、高リスク認定された場所への立ち入りを禁止される
  • 公共交通機関を利用し、職場へ出勤する、買い物をすることなどは可能(ただしRAT陰性が条件)
  • 3+4の隔離+観察期間を完了後、アプリの表示が青に変わる
  • データによると隔離3日目のPCR検査でほとんどの感染を確認でき、その後他者への感染リスクは1%以下
  • 既に現行ルールで7日間の指定ホテル予約をしている場合は予約変更の必要はなく、ホテルは差額を処理する(ただしこの処理は時間がかかる。何だそれ?)

※Leave Home Safeは香港で外出中の滞在場所記録とワクチン証明に使われている。外食する際などは必ず入場の記録とワクチン証明の確認が行われる。

 

Be water, my friend.

 

米国株・中国株 先週の動き 2022年8月1日〜8月5日

 S&P500、ナスダック総合指数は三週連続の上昇となりました。新規雇用者数は予想を大きく上回り、これをポジティブとみるのか、引き続き人件費の上昇を招いてインフレーション鎮静化の足かせになるとみるか、判断は難しいところです。FRBからも9月の利上げは引き続き75bpの水準を支持する声も聞かれ、今の相場上昇は短期的なものであって大きなトレンドは引き続き下落とみるのが適切、というのが正しいように思われます。しかし、そうはいっても5月末の水準に戻ってきた指数チャートを眺めているとその間にあった買い時を逃した感がどうしても強いです。

 ということで上がるとがっかりし、下がれ、下がれ、と思いながら毎日チャートをチェックしているのもなんだか不健全だなあ、という気がするこのごろです。

 

期間:2022年8月1日〜8月5日

概況:

  • 10年国債利回りは+7.5%の大幅反発、2.84
  • 米株価三指数はダウ工業平均がわずかに下げ、S&P500が小幅上昇、ナスダック総合は+2.2%の上昇
  • 香港ハンセン指数は+0.2%小幅反発
  • ISM製造業景気指数52.8(予想52.2、前回53.0)
  • 非ISM製造業景気指数56.7(予想53.6、前回55.3)
  • 製造業新規受注(前月比)2.0%(予想1.2%、前回1.8%)
  • 失業率3.6%(予想3.5%、前回3.6%)
  • 非農業部門雇用者数(NFP)(前月比)528.0千人(予想249.0千人、前回398.0千人)

保有資産実績:

  • 合計保有量は増減なし
  • 評価損益率は+0.7%の増加、累計損益率は▼8.0%
  • レバレッジETFが最大+3.5%の上昇

f:id:junyan_1989:20220808091919j:image

含み損益週間差異

  • コア投資A:グローバルREIT▼2.9%、米国株投信+3.5%
  • コア投資B:VTI+0.6%、J&J▼2.1%、AT&T▼1.5%
  • レバレッジETF:SOXL+5.4%、QLD+3.0%、TMF▼1.2%
  • IPO銘柄:ドクシミティ(DOCS)▼7.7%、ゾミトリ(XMTR)+8.0%、CSディスコ(LAW)+5.8%
  • 香港株:0142FP▼2.6%

今週の動き:

8月10日(水)消費者物価指数(CPI)

8月11日(木)生産者物価指数(PPI)

今週のふりかえり 2022年8月第一週 そろそろお開き

 今週も終わりました。

今週は何と言っても米下院議長訪台でしょう。おそらく秋の中間選挙で民主党が下院を明け渡し、かつご本人の年齢からいっても一線から退くことを目前とした今、政治家としての生活に優秀の美を飾るという意味で極めて個人的動機を強く匂わせる行動ではありましたが。米国の大統領継承順位二番の地位にある政治家の訪台という事実は歴史的イベントといってもいいのではないでしょうか。

 面白いのは、事前にあれだけ得意の恫喝を繰り返していた北京政府がいざ訪台が実現するとすっかり静かになってしまったことと、そのことに対する小粉紅など一部国民の落胆ぶりでした。ペロシ史が台湾を去ってから軍事演習が始まり、日本のEEZに弾道ミサイルが落下するなど今になって賑やかしています。また昨日になってペロシ史と家族に対する制裁を決定したとありますが、具体的内容はなく、誰が考えても実効性のあるものはなさそうです。

 中国はここへきて外交問題、製造業の海外流出、不動産業と不動産市場の諸問題、人口減少、公務員の給与削減、銀行の取り付け騒ぎ、高い失業率、などこれでもか、というくらいあらゆる問題が噴出しています。目覚ましい経済発展の一方で法律や社会規範によらず権力集中による手取り早い金儲けに国民総動員で勤しんできたツケが一気に回ってきたように見えます。

 中国がイケイケだった時代にそこに住んでいた個人の感想としては、当時の成長スピードと将来への期待感からすると、何かおかしいぞ、とか、こんなやり方でいいわけない、ということがあっても人々はとにかく取り残されて損をすることを恐れる感覚がありました。日本や他の先進国からすれば、到底ありえない、まともではないやり方がまかり通り、あるいはスタンダードなわけです。こうして日本の会社から派遣された駐在員が本社の指示と現地のやり方に挟まれて苦悩する、という図式が生まれることになります。

 今回のペロシ下院議長訪台の対応を見ても、まるでチグハグな、取ってつけたような対応ばかりですね。そう思ってはいたが、やっぱりまともではないな、という当たり前のことがここへきてモロに露呈してきた感があります。経済発展のスピードと規模に世界中が魅了されてきたわけですが、そろそろお開きというわけです。

 個人としての人々や文化、街などにはとても愛着があり、上海でも、他の行ったことのない場所でも、中国にまた行ってみたい気持ちがありますが、極端なコロナ対策や国際問題の緊張が高まる現状では叶わないのが残念ではあります。

Be water, my friend.