水になるブログ

米国株を中心とした投資、料理、ゴルフの話題をお伝えします。

恒大集団 デフォルト危機の影響 香港四大デベロッパー

 やはり、米国株市場はまだ様子見、警戒、といったところで大きな暴落はありませんでした。少しだけ期待したのですが、まだ早いですね。本当に株式投資というのは欲との戦い、自分との戦いなんだと実感する投資初心者です。

 昨夜の指数は長期金利が+1.15%上昇、ダウ工業平均とS&P500がわずかに下げ、ナスダック総合指数はこれもわずかに+0.22%の上昇です。

 月曜日の市場は恒大集団のデフォルト危機に対する警戒を反映したものだったと思いますが、その後なぜか、政府は資金調達を支援する「はず」などの楽観論が目立っています。

 一方で、恒大集団のデフォルトに関しては、こんなとばっちりもあるのかと思った記事がありました。

finance.yahoo.com

 香港の四大デベロッパーとしてHenderson Land、New World Development、CK Asset Holdings、Sun Hung Kai Propertiesが紹介されています。ちなみにCK Asset Holdingsは李嘉誠率いる香港最大の企業集団、長江実業グループの傘下です。

 李嘉誠はかつてアジアでもっとも富裕な人物として有名で、すでに10年以上前から中国から投資を徐々にシフトしています。同じ不動産で世界の富豪になった点では今をときめく恒大集団の創業者、許家印とよく似ていますが頂点に立ってからもなお事業発展、資産維持をするという点で許はこの偉大な先輩をよく見習うべきでした。

 Henderson Landの13%下落(2008年以来同社にとって最大)をはじめとして四社で670億ドルの時価総額が飛んだ、という記事です。

 また香港は住宅環境が整っていないことが社会的に大きな問題、不満の種ですが、中国政府の掲げる「共同富裕」の政策に則り、これら不動産デベロッパーにも住宅問題解消圧力が高まっています。

 私自身、香港に居住しているわけですが、住宅が「狭い」「高い」ことに驚いています。おそらく、こうした不動産デベロッパーは需給調整をしながら価格をコントロールしていると推測します。

 8月には共産党で香港・マカオを管掌する夏宝龍が2049年までに(そんなに先?)香港の悪名高い極小住宅問題を解消するための目標を設定しました。

 不動産デベロッパーにとっては「おいしくない仕事」が増え、これまで享受してきた利幅が減らされる、ということになるのでしょう。李嘉誠の長江グループやSun Hung Kaiなどは今の仕事の取引先であり、そういう意味では市場に大きな影響が出ないことを期待していますし、実際我々にまで影響が及ぶ変化はないと思います。

 しかし一方で住宅問題の解消については社会の幸福度や生活の質という点から大いに改善すべきと考えます。私の住まいは立地もよく、新しい建築で住み心地もよいですが、とにかく狭くて高いです。

 香港ではとにかく不動産価格が高く、結果人件費、物価、時間に対する感覚、スペースのとり方など生活のあらゆる要素に影響を与えています。もう少しゆとりがほしい、といつも思っていますし、香港の人もきっと同じだと思います。。 

 

Be water, my friend

恒大集団 デフォルト危機 株式市場への影響

 いよいよきたか、ということです。いやまだまだですね。米国ETFの買い場待ちをしているわけですが、米株三指標は2%近くの下げ。S&P500は日足のRSI(Relative Strength Index、買われすぎか、あるいは売られすぎかを判断する指標)が昨年10月以来の40を切る水準となりました。

 RSIをまとめ買いの判断基準とする場合、週足でみるのが適切とされていますので、週足より頻繁に動く日足での判断ではまだ早いわけですが、明日のFOMCなど今後の動きに期待したいと思います。

 しかしなんといっても足下では世界を揺さぶっている恒大集団のデフォルト問題、そしてこれを端緒とする中国不動産バブル崩壊と世界経済への影響が囁かれはじめました。今のところはリーマンショックのときのようなクラッシュになる可能性は低いとみられているようですが、2015年のチャイナショックくらいは覚悟したほうがいいかもしれませんね。

 また今後の焦点として中国政府は恒大を救済するのか、どのような対応をとるのかが注目されています。

 そこでチャイナショック時のS&P500と香港ハンセン指数、当時の中国政府の対応などを確認しておきたいと思います。(※S&P500と香港ハンセン指数の比較グラフを下記に掲載)

起点と期間

  • チャイナショックは2015年6月12日を起点とする(ウィキペディア)
  • そこからハンセン指数が底値をつけてから元の水準に戻ったのは2017年の7月31日

ハンセン指数

  • 一ヶ月後に△14%暴落し、そこからさらに2016年の2月12日、つまり起点から数えて8ヶ月後には△33%の暴落を記録
  • △33%の暴落から元の水準に戻った2017年7月31日まで16ヶ月を要する

S&P500

  • 二ヶ月後に△11%暴落し、その後上昇するが2016年2月12日には起点から△13%の暴落
  • しかし2ヶ月後には元の水準に戻している

中国政府の対応

  • 空売りの制限
  • 投資信託、年金基金に株式購入を強制
  • 新規株式公開停止
  • 企業の5%を越える株式保有社に対して株式売却禁止
  • 7月8日から株式市場の45%にあたる1300社の株式取引の停止

 こうしてみると、中国政府の株式の取引に対する規制など民主主義国家では考えられない強制的な対策をもってしても二年あまりの期間にわたって株式市場が混乱したことがわかります。また一方、S&P500でみる米国株式市場への影響は限定的だったのだとわかり、少し安心してしまいました。(今回の潜在的危機と問題の本質や影響度は異なりますが)

 つまるところ今後も、いかなる理由にせよ株式市場の暴落は避けられないと思っていますが、問題はそれがいつなのか、どのくらいの期間、どの程度の影響を受けるのかです。過去を確認することによって少なくとも気構えと、投資に対する自身の関わり方や資産アロケーションに対する指針を備えることができます。

Be water, my friend.

f:id:junyan_1989:20210921104041p:image

米国株 中国株 先週の成績(2021/9/13-9/17)

 先々週に続き、二週連続で米株価三指数はすべて下げました。長期金利は上昇し、ハイテクグロース株が影響を受けやすいのでしょうか、三指数のうちダウが比較的小幅な下落で終わっています。中国株は先週もゲーム業界に対する規制、あらたにマカオのカジノ業界に対する営業許可の厳格化と運営に対する政府の関与などの影響などがあり、香港ハンセン指数は△4.9%下落しました。
 保有米国株は先週比で△2.35P下げ、JNJが△1.33%下げ、9月に入ってからほぼ下げ続けています。ついに含み損に転じてしまいましたが、もともと長期投資目的で購入していますので、このままホールドしていきます。新規に購入したIPO銘柄のCS Disco(LAW)は決算がよかったものの先週から大きく下げてしまい、これも影響しています。ドクシミティ(DOCS)も先週は下げ、そろそろ買いを入れようと思います。
 香港株はさらに△5.79P下げ。テンセントは再び自社株買いを実施していますが△5.76%と大きく下げました。 

【主要指数】(一週間)
 米国債長期金利+7.28%上昇、ダウ工業平均△0.07%下落、S&P500△0.57%下落、ナスダック総合指数△0.47%下落、ハンセン指数△4.9%%下落
【保有銘柄】(累計損益率と前週比較()内)

  • 米国株損益、+2.71%(△2.35P)
  • 香港株損益、△7.65%(△5.79P)

【個別銘柄抜粋】(一週間の値動きと累計損益)

  • JNJ △1.33% 保有数150、取得価格$165、損益△$37.50
  • Tencent △5.76% 保有数100、取得価格HK$634、損益△$2,212.29

 

ETFはGLDがRSIの40を切ったので買い増し、SOXL、QLD、VTIは下げてはいるものの小幅にとどまり、買いには至りませんでした。今週は22日にFOMCがあり、月末にかけて下げ基調で動いていくことを予想しながら一部買い増しを窺っていきます。
Be water, my friend.